除霊について私の考え

投稿者:貴喜

除霊について私の考え

そもそもこのブログでは霊の悩み事を抱える人に有益な情報を載せ、鑑定時に感じた私の思いを書き留めていけたらと思って始めました。

近頃霊の障害にお悩みの方は意外と多いのだなと思います。霊を見たり感じたり実感したことのない方は全く興味がない分野でしょう。それはそれでいいと思うのです。
例えば他人の歯痛など本人でないとその苦しみは一切わからないでしょうし。

けれど実際他人に視えないものが視える人や、得体のしれない霊的なものに日常生活に支障をきたされたりするとこれは厄介なことになります。そしてそれらは霊障という名の元で一まとめにされています。

ですが、実際にはその霊障の原因は様々です。

縁に起因するもの、家系に起因するもの、本人に起因するものなど原因は様々で人それぞれ。これを一義的に除霊のお札であるとか、除霊の儀式などと称して行うことが果たして何%の人にどの程度有効なのかははなはだ疑問です。これこそ私が一番嫌うあてずっぽうの処置になります。

憑依している霊=100%悪い霊とは限りません。

それを除去することだけにフォーカスした除霊の為の霊符や術などは、故障箇所もわからずに部品を換える車の故障のようなもので何の解決にもなりません。

もし除霊が本当に必要な人ならば、原因を追究して正しい順序で正しい除霊の手立てをしてこそはじめて依頼者の人に役立つ解決になると思っています。

著者について

貴喜 administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。

error: Content is protected !!