守護霊は時には厳しく時には優しく

投稿者:貴喜

守護霊は時には厳しく時には優しく

霊の存在を調べる時に守護霊は避けては通れないポイントになります。

これは人によりかなり違うので一言で言うのは難しいのですが、いわゆるその人の霊体本体に付随してそれを護っている存在の事です。

ただ我々は現世で生きてるしその物理的な行使力は全く比較になりません。

皆それぞれどんな守護霊が憑いているのかは視てみればわかります。

けれどそれに単純な優劣はありません。

例えばこの現代社会でさほど成功していない人、うまく生きていない人がいるとしてそんな人に守護霊が結構憑いている場合もあります。

TVで良く見る芸能人やスポーツ選手の守護霊がすごいのが憑いているとかたくさん憑いているとかは必ずしも比例はしないです。(おおまかな守護霊の傾向はあります。)

結局数でもありません。数がある程度必要な職種はスピリチュアルな感覚を要する仕事をしている人。だけどそれも常時というわけでもありません。

それ以外の人は数はさほど重要ではありません。

質・・・とも違います。

自分の生き方に適した守護霊が憑いているのかどうか。の方が重要だったりします。

まずそれが前提。でもこれができていない人が結構多いのです。

例えば電話鑑定では守護霊をお調べしてお伝えすることもあります。でも守護霊にも性格もそれぞれありますので、守護霊をみていて私に「おい、言うなよ!」とか言われることもたまにあります。

陰ながら応援したいタイプの守護霊もいるということです。なかなかコミュニケーションしにくい場合もあります。ちょっとこの守護霊・・・干渉して欲しくなさそうだな・・・みたいな時も。

著者について

貴喜 administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。

error: Content is protected !!