守護霊は良い霊だけとは限らない?

投稿者:貴喜

守護霊は良い霊だけとは限らない?

初めてお目にかかる時、もうすぐにわかります。良い守護霊なのか、その人が良い守護霊に守られているのか、悪い守護霊に憑依されているのか。

ここで”良い守護霊””悪い守護霊”って? と思われる方もいることでしょう。

つまり良い守護霊がいつもその人にとって都合の良い働きかけをしているとは限らない?ということ。

それはその人にとって、頭痛だとか、胸が刺されるような痛さだとか、気分が悪くなるとかといった症状であらわれている場合、このような異変を疑ってみると良いでしょう。

でもそれってきちんと意味があることなのです。これを盲目的に、やれ除霊だとか、やれ御札だとかで寺社仏閣でお祓いやお守りで無鉄砲に対処しようとしても、これこそ闇雲、五里霧中というものです。病院へ行ってどこどこを診てもらって、レントゲンをとって、大概は意味がなく終わってしまいます。

著者について

貴喜 administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。

error: Content is protected !!