霊能者の自然淘汰2

投稿者:貴喜

霊能者の自然淘汰2

どんな護摩業のお坊さんであろうと、念力者であろうと、祈祷師であろうと、この種の霊にかかったら原因を知って対策しないとどんどん自滅してしまうという危ないケースは確かにあります。

本人がよかれと思ってやった九字の法が逆に自らを苦しめた結果自分が倒れたり、祈祷であぶり出したものをそのまま信じて終わっちゃったら後で夜中にガツンとやられたっていうケースも。

霊を扱う仕事をしているならそりゃそうしないと駄目だわなあ・・・てな所が私的にはあるので、逆にそれが出来ていない人は、こういった”ジョーカー的な霊”に出くわした時にはいつかやられてしまってもおかしくないな・・・と思ったりします。
それが出来ている人か否かは、他社のホームページとかに載っている人やテレビに出ている人の顔を見ても、すぐにこれはわかります。

なのでその”ジョーカー的な霊”が来たらある意味命がけみたいなケースもまれにあったりするけれど、さらに厄介なのはそれが”試練”と重なる場合。これは相当ハードです。

霊は、下手すると家族や家系にも影響が来るから。家系図内で伝染したりする。自分一人が強くてもだめです。

本当にレベルが高く狡猾な霊はそういったこともしてくる。足を引っ張るように。正面で駄目とわかればあらゆる手を使ってくる。隠れたり・仲間を呼んだり・嘘を言ったり。

だから、やっぱり霊障にはケースに応じた原因追求と対策・対処が必須。○○の一つ覚え的な霊への対処をしている人がいたら、その人はいつか自滅しちゃうと思う。

著者について

貴喜 administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。

error: Content is protected !!