御符の発明と必要性の数、1500種以上

投稿者:貴喜

御符の発明と必要性の数、1500種以上

私が作成する御符は、全て必要性があって生み出したものです。

薬でもそうですね?結核とか赤痢とかなんとかウイルスとか。それが脅威だから、厄介だからこそ対抗する必要があるからそれ対策の薬が発明されて来た。この構図は昔から変わりません。

私が霊障を駆除する必要が以前からあって、いろんな個人的なルーツも役立ちながらそれに対抗できる物が御符とか木札というかたちで作り出せるので、それを突き進めて来たらこんな膨大な数を発明することになってしまいました。今は1500?、木札とか未公開も含めると3000?・・。

一つ一つ狙いは全く違います。

もちろんこの文章を書いている日にもそういうことはあり得ますので、常に違うパターンの霊障を処置する必要が来た時には発明しています。

ある願い事のために・・・というよりも、こういうのがないとやばい、まずい、まともに生きていけない・・・というくらいの切迫感がある方が結果的に発明することになる。例えばこの霊体のしてくることに対して今日60種類発明しないとかなりまずい・・。なんてことがプライベートで発生したりすると、もう全てをそっちのけでそれに没頭します。そして試行錯誤しながら形に作り出す。私は霊視❌フリハ調査ができるので、精度は間違いなく完成まで持っていけるのですが、いきなりすんなりいくことはありません。時間も労力もかなりかかります。

売っている本に書いてあるような霊符の通りに描くものやコピーのコピーみたいなものを実験で作ったことはあるのですよ。でも自作のものと比べると全く論外でした。波動調査とか、霊視・フリハ調査にかけてみてもその結果は一目瞭然でした。

私が作る御符って、紙に筆で単に描くようなものではなく、単に折るだけのものでもありません。その仕組みも一人一人に合わせて一つ一つフィットさせています。仕上がりは一般的には見たことがないような感じの御符なのだと思います。
色んなケースを汲み取っていますので、携帯用だったり貼り付ける用だったりとにも対応させています。

一つの御符が万人に効いたらそりゃどれだけ楽なのかと思いますよね。でも、それだと個別のケースには無駄な部分があったり、欲しいポイントが弱かったりとかがある。

著者について

貴喜 administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。

error: Content is protected !!