霊感が強すぎるお子様とのお話

投稿者:貴喜

霊感が強すぎるお子様とのお話

私とあるご依頼者のお子様との会話。

お子様「小さい頃、神社に行って天狗と普通に話していて、それが当たり前だと思ってた・・・」

幼稚園で遠足で連れてこられて、先生がこれが鞍馬天狗ですよ〜て銅像を指差す。でも霊感が飛び抜けてあって視えるその子は、その天狗と普通にお話ししたりその天狗に怒られたりしている。私はその真偽や状態がわかるので、

私「それはあなたから無理矢理話をしにいってたのですよ。普通は天狗側は相手にしないから・・・。」

お母さん「何の話ですか?それは??」と驚く。

でもそのお子様は実体験に基づいているからこそ、私の話がとてもわかる。お母さんにはわからないし、全く意味不明。

私「その時あなたがみているのは、しゅわしゅわしているのは、エネルギー体っていうのだけれど、本当は良くないものなんだよ。そこじゃなくて、こういう風にみてごらん、あなたなら今ここでもできるでしょう?」
すると、その子は

お子様「うわっっ!?」とびっくりして、これまでみてていたのと全く違うのがみえてくる。

私「でしょう?だからあなたのは表面しか見ていないから、そのように感じるの。視えているのは視えているのだけれど、それが真実ではないのだよ。」

私「混在しているから、判断はつかないだろうけれど、でも視えている事だけを真実だと判断するとダメなんだ。レベルが高くて悪意がある存在には正反対のことを導かれることもあるから、嘘の答えを霊視で視せられてそれを信じることは絶対にしちゃいけないよ。色々とこれから経験してバランス良く成長していかないとダメだよ。まだ義務教育も終えていないんだから・・・」

私「霊感・霊視だけ飛び抜けて発達していてもあなたは不安定で生きにくいから、いろんな面で辛いことが今後の人生出てくることもあると思います。でもためになる経験をして力強く生きてくださいね。」

そのお子様の場合は、それが当たり前だと思っていたし、自分がいつも色々みえているのが当たり前で、皆そう見えていると思って生きてきた時もありました。でもご両親にもわかってもらえない、自分が変なもの見える病気なのか?と自問する。そういう悩みを抱えながら生きているお子様も事実この世にはいらっしゃるのですね。

著者について

貴喜 administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。

error: Content is protected !!