霊的処置について

著者:さものゑ

霊的処置について


道具と技術とタイミングがあれば、おおよその対処は叶います。

現実でも霊的世界でもそれは同じです。

例えばくも膜下出血で倒れても、カテーテルと、それを使いこなす技術と、間に合うタイミングがあれば死ぬところを生き延びられる。又それに加えて血管破裂の可能性も以前より激減できる。

霊的処置も全く同じです。

最適な御符や時には作成物があって、納品ご説明や点検、鑑定で最適に使いこなしながら、間に合うタイミングであれば、霊的負荷を凌駕するものです。

著者について

さものゑ administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。