夜中に起こされて行く件

著者:さものゑ

夜中に起こされて行く件

真夜中に叩き起こされて、どこどこに行かされる・・・というのが私の場合良くあります。
京都に住んでいなかったらどうなっていたことか・・・というくらいの結構な頻度なので、住む場所も必然的に京都市内しかダメなんだろうな・・・と半ばあきらめています。

普通にゆっくり寝たい。でもまあ色々と耳鳴りや夢やメッセージの文字やらを捻じ込んで来られる事が多いので、仕事柄これは宿命なのだと思っています。
自分のペースで仕事がしたいと節に願いますが、もういつもペースを崩されっぱなしでリズムを翻弄される日々です。

私の理想の生活リズムを無視して霊的なものはやってくるので、とても疲れます・・。今回は21時を過ぎた頃に、「貴船方面に行かなければならない。」「行った方が良いぞ〜。」とフリハ調査のメッセージがそろりそろりと刺さって来ました。(汗)「明日の昼ではダメ?」「今夜今から?」と無駄な抵抗をしてみる時もありましたがまあ通用しません。
こういう場合無視したところで必ず回り回って再び巡って来ます。なので自分が壊れるまでは経験上進まなければなりません。

というわけで、今回は、真夜中に貴船神社へ。たまに行く場所の一つではありましたが、いつも夜中だな・・・と思いながらいざ出発。

鞍馬山と貴船山の間のところ。車で0時前に発進し、ものの40分ほどで到着。

柊野別れや京産大のあたりを通過すると、やっぱり空気感は少し変わります。昔の首切り場・処刑場のあたりだし、柊野別れは処刑される罪人とそのご家族とが永遠の別れをしなければならなかったという交差点で有名です。

今回お呼びの霊体・・・とは全く違うけれど行く前から何がいるかはおおよそわかってはいるのです。でもそこに行かないまま答えや情報だけ得るっていうのもなんだか嫌だし失礼かとも思うので、出来る限りその場へ行って接するというのは私なりの考え方で。原則として楽して得られるものはたかが知れている時があると思います。

やっぱりこういう時呼ばれているということは、向こうもこちらをわかっているのでお出迎えというか近づけば色々と待たれているものです。
どこに何が居るとか、車にへばりついて来たとかいう話はスタッフたちとしかわかり合えないだろうけれど。でも稀にそういう霊が小さい頃から見えて困っているご依頼者もお越しになるので、そんな時は話がとても通じます。どういう格好をしたどのような存在がどれくらいどこにいるか。どんな仕草やどんな表情をしているかなども経験していると、鑑定でもとてもスムーズに意識共有が進むのです。

著者について

さものゑ administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。