先天・後天と現実・霊的

著者:さものゑ

先天・後天と現実・霊的

先天的な要素がからだ・健康に及ぼす場合があります。しかしこれに限らず、後世の生まれることが確定している相手から及ぶことなども実際にはあります。この場合はもろに霊障的な悪影響です。

血縁や霊縁とは違った一見理解しにくい法則から及ぶ場合は特別な調べ方でないとわかりません。仮に未来の医学で対処できたとしても限界があります。

癌や糖尿など血縁により病がベース化してしまう人がいます。これについて何がそのご依頼者にとって有効な手立てであるのかを私の調査で進めていくことができます。

しかし何かを塞いでも、異方から発現する場合は特殊な場合が多い。それは良い悪い両方向へ伸びうる。つまり見える(カメラアイや音感など)場合もあれば、見えない場合もある。厄介なのは、見えない場合でなおかつ害の及ぶ範囲が規格外の場合。これも特別な調べ方をしないとわからない。

理想からだ研究所では、からだの健康を現実・霊的双方からあらゆる手段を使って徹底的に追求していきます。

どちらも有効なのです。双方に経験と実績がありますのでとてもよくわかります。

著者について

さものゑ administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。