パワーストーンや水晶クラスターはむやみに置かない方が良い?その2

著者:さものゑ

パワーストーンや水晶クラスターはむやみに置かない方が良い?その2

常に完璧なパワーの状態を維持している家なんてまずない。

鑑定時に依頼者が何気に話されたことの中から、ご自宅にやたら悪いエネルギーに満ちた水晶があったりを発見することがあります。あれ?前よかったのに、今悪くなってますよという場合もある。その逆もある。それを辿っていくと家の何処かに行き着くこともあります。そんな時にそもそも水晶以前の話として、お風呂場からマイナス波動激しく出ていますよとお伝えすることもあります。

画像参照。こんな風に半年に一度くらいは風呂釜も分解して内側のカビなんかも綺麗にするとGOOD!風呂釜分解したことありますか?してみると構造上カビだらけだったりするのが普通です。

こんなことができ始めると、水晶のパワーストーンのプラス波動はもっと自分の思いのとおりに作用していきます。足を引っ張られないということ。見えないパワーは見えないところに邪魔されるということ。パワーは分散させず、作用は集中させないとね。

見えないパワー(波動)だからこそ、管理が大切!

水晶系の石って適切に管理できている前提ならばそれはそれで良いのだけれど、そうじゃない場合はなかなか水晶の状態が悪化するところまで悪化している場合も時にはあります。

みんな放射能とかなら敏感になるのに、水晶の波動にあまり頓着しないのは、わからないからだろうし、間違った情報が氾濫しているからなのだと思います。

そうなると専門的なやり方や知識がある人が管理しながら進めていかないと、ノーリスクなまま状態を良い方向へ変化させていくのは難しい。

実際日光とか月光とかの浄化が効くとかって言われていても穢れ(けがれ)の程度によるから、期待はできないでしょう?

だから自分で水晶の健康管理ができないなら、(当所みたいに状態を管理してくれたり、正確に定期チェックしてくれるような前提がない限り)家にはむしろ無い方がリスク管理の点で良いのではないか?

これが私の経験からくる結論です。

著者について

さものゑ administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。