タグアーカイブ 写真

著者:さものゑ

たかがカメラ? されどカメラ。

たかがカメラ?

みなさん、カメラは持っていますか?ニコンとかキャノン、オリンパス、ソニーとか色々なメーカーがあります。

私もこのブログの写真とかを時々デジカメで撮って投稿しています。もちろんiphoneで手軽に撮ってることも多いです。

写真・画像から来る霊障のお話は先の記事で致しました。では今回のお題目。それは撮るカメラによって違いはあるのか?ってこと。

カメラって感光部、受光部にレンズを通した光を当てて写真としてつくり出しているわけなんですが、構造から思考して行くと組み立てているメーカーが違うだけで中身や撮れる写真はほぼ一緒みたいなもの・・。という人がいます。写真に詳しい人はそう考えるのではないでしょうか。

でもね?モノっていうのはなんでもかんでも基本的に相性ってのがあるわけです。そして私は写真を見てその部分の何にどうこう・・・っていうのを調べることも鑑定であるわけでして。。

つまり、霊能者的な視点から結論を言うと、カメラによって霊を写しやすいものと写しにくいものは実ははっきりあるということ。

使っている部品というよりも、構造というよりも、もっと実は・・・それ以前の問題なんだなあとわかりました。

されどカメラ

 

私は基本的にメジャーなものの中から自分にフィットするものを選ぶ方なのですが、霊的なものを写す可能性を一番に高めたかったのでカメラに関してはそれを最優先で選びました。すると今の時流からは少しばかり外れたメーカー、機種を選ぶことになりました。使い始めてまだ3〜4年くらいしか経っておらず、まだまだカメラの勉強に割ける時間がとれていませんが、もう少し素早くレスポンス良く撮れるようになれたらいいなと思っています。

もちろんそんなメーカー・機種に関係なく、一般論として霊能者のレベルが高ければ(その素材としての)写真・画像が調べにくいものであっても”何か”を拾い出していける可能性はあります。でも素材のベースとして拾いやすいものであれば、それはそれに越したことはないですからね。

奥が深い〜

今、8月中旬で京都は祇園祭真っ只中。山鉾がたくさん通りのあちこちに祀ってあります。こういうのは気になったら撮っているけれど、時間がある時に色々見直して研究しています。千年以上の歴史があって毎年何万人が来るお祭り・場所なので、やはりその象徴たる山鉾には色々な霊的発見があります。毎年新しい発見があるということで、奥がふかいな〜と思ったりしています。

著者:さものゑ

写真・絵画を見ただけで霊障が起こる?

美術館でしんどくなったのはなぜ?

以前大丸ミュージアム(大丸百貨店の画廊コーナーに時々期間限定でプチ美術展を開催している)に振り子波動研究所のスタッフを連れて観に行った時に、モネだったかルノワールだったか、そこに展示していたたくさんの絵に前後左右囲まれた時、油断していて一気に絵から感情がドドドド〜と押し寄せてきた時がありました。。スタッフが一時ものすごくしんどくなってしまいました。

 

有名画家の絵画

絵画って、人が何時間もかけてその想念をキャンバスにぶつけるようなものでしょう?絵画を見慣れていない人や全く興味がない人はそれを観てもさっぱりわからないとは思うんだけど。でも絵画に興味を持っている人や、興味はなくとも霊的にチャンネルが合う人は、その絵画からいろいろなメッセージを受け取る事があります。

スタッフがしんどくなったのは、後者の理由。特に絵画に興味はなかったが霊的にチャンネルが合ってしまいました。けれどしんどくなるっていうことは、そのメッセージとの相性が悪かったんだね。合わなかった。今世で現代社会を生きている振り子波動研究所のスタッフと相性が合わなかった。そりゃ絵画に限らず本だって映画だって何だって気にいるもの気に入らないものがあります。それが一般的に大作であるないに関わらず。好きか嫌いかは又別問題。何よりも相性が悪かった。それに尽きる。

 

写真家の写真

絵画に限らず、写真だってそこに感情やメッセージはあるやつにはどドンとあります。
写真家とか画家とかは対外的に話すお仕事ではないから、ひょっとしたら一見表面的に面と向かって話すコミュニケーション能力は低い人が多いのかもしれません。けれどそうであったなら逆に違うところが発達していてもおかしくない。だからこういう絵や写真を通して強くメッセージを発してきたり、時にコミュニケーションして来る場合は、なかなか主張が強烈だったりして相性がはっきり分かれることも多いです。写真家だったら写真を通して伝えて来る場合の主張力はやはり発達している場合が多いから。そりゃそうか・・。

 

「おいおいっ!」から始まる鑑定

 

でも時に・・・、観ているだけで話しかけて来る場合があります。「おいおいっ!」ていう入り方で。これも色々なパターンがあるのだけれど。
ご依頼者の自宅にいて絵画が飾ってある前で、「この家と相性悪いなあ・・・」と思っていたら、霊体が寄ってきて「おいおいっ・・・・・・・・・。」って相談をかけられたことがあります。絵画や写真を家に飾っていると、それが大物や大作であるほど主張・個性は強いからその家の繁栄にまで影響を与えている場合があります。

以前、私はご依頼者宅の画廊部屋の中で作品の配置から取捨選択まで鑑定をしたことがあったのですが、作品それぞれの移動自体にかなり繊細に神経を使うのでそれが完了するまで大変でした。めちゃくちゃ広いというお部屋ではなかったのですが、その一つ一つの作品移動がワイヤーやらソファの位置の移動やら総じて大改造になりますから。ついでに2台あるうちの一台のエアコンの調子が悪いとのことでなかなか暑かったのですが、単なるリモコンの電池切れでおかしくなっていたというオチもありました^^。

けれどそれをし終えた時のその家のパワーは猛烈に上昇していました。作品・画廊部屋・ご依頼者宅皆の相乗効果が生まれたのですね。そういう時、やっぱりそのご自宅の守り神というかそういう存在の表情はとても喜んでいますし、跳ね回っているものです。

著者:さものゑ

写真は真実を写すから・・・

たまに勝手に動く時があります。手や目だけじゃなくって脚が。

img_5465この変な雲。この雲見とけよって。
グランフロント大阪の北館から南館の通路を歩いていたら、導かれてiphoneであれよあれよというまに撮っていました。ていうか撮らされた。
まっすぐ歩いているのをいきなり90度曲げられた。
スカイビルとウェスティン?いやいや、大事なのは上の雲のことだろう。

この世ではもちろん自分一人を生きているんだけれど、たくさんの存在にも生かされているって思い知らさせる瞬間がこんな時にあります。

何か意味あるんだろうな・・。見せられているんだから。見せたいんだろうから。でも今は見たくないんだって。帰りの車で考えるから、鑑定終わったばっかりだし今は歩かせて〜って感じ。
まあ皆コントロールというか、この世界のものは皆壮大な仕組みの中で生かされているんだろうなって感じる瞬間がこんな時だなあ。

 

著者:さものゑ

画像・写真を見ただけで霊障が起こる

霊に敏感な人・・・っていうのはやはりいます。

そんな人はもちろん色々な原因・因縁・理由があるのですが、画像・写真を見ただけでも霊障を受ける人がいます。
例えば、ヤフーの中にある不思議な画像であったりとかのお話をすると。これを見てある男性がやられてしまいました。
一見、何だか不思議なもやーっとした画像なのですが、よくよく見るとなんだか気分が悪くなって、頭から離れなくなる。それであわててご相談頂いたケースでした。
FH066_L
私がそれを見て調べてみると、その男性の霊障の原因は間違いなくこの画像であること、これには結構な数の魔的なモノがうじゃうじゃと写っており、相当グロい、生々しい画像なのだということがわかりました。(悪い存在だけが写っていたわけではないにせよ。)

試しに、振り子∞波動研究所のスタッフに無防備状態で見てもらいましたが、その内一人はやはり影響を受けて、処置が必要になりました。その間1分もかからず。
もちろん、先にどうなるか調査してわかっていたので、それを言ってから、見せて、すぐに処置したのですが、こんな画像がネット上にあるのは偶然見てその波調が合ってしまった人は大変だと感じました。

そもそも写真画像ってのは投射といって多次元を二次元に映し出すしくみなのだけど、もちろん四次元以上の存在をそこに写し込むこともあるわけです。

少なくとも三次元以上の存在を、二次元に落とし込むので、その三次元以上の存在もそのままの姿で転写されることはありえないわけ。

だから、変な奇怪な、それでいて意味不明の姿・形として気づかない人もいれば、そこに気づく人もいる。
そういうことですね。