Yakon

TSP(TSPH,TSPE)
【対象者】
現実世界においてうまくいきすぎる者によって、背後で超えた能力が使われている場合に。特異な性格や特性が効果を最大化する手段を総動員して多面的に持ち使っている事がある。自他力含む。
二百七十八万円/各
TSPH・・・トータルとして無効化しながらも、許容される範囲において沈降せしめるもの。事態に気づかなければどんどんと悪化していく一方な時でも、対象の意味と性質を見つけ出し知らなければならない。なぜなら多層的に想定されている場合があるから。

TSPE・・・トータルとして無効化しながらも、許容される範囲において摂取せしめるもの。削り捨てるのではなく、削ぎ加えていかなければ埋まらない場合がある。逆に拾われることも考慮せねばいつかは・・・。
蛇目傘咬合
【対象者】
深く細微まで触れ見て知っても、それが大層立派な存在であると誰もが信じ切ってしまうものの中には縁を持つ事自体からして決して良くない場合がある。
三百三十万円〜三百九十万円
「蛇目傘咬合鈴」
願い事を叶える・・。一見隆盛を誇る名実の知れた存在であっても、それらの中には裏でのすり替えや運・エネルギーの搾取が結果として行われている事がある。フレームの中でなく外に意識をやって気づいていければ自ずとその意図が読み込めてくる。対処策。鈴虫・・音色が・・願い事・。

「蛇目傘咬合冨久」
・・・そのようなケースにおいて、過去の不当や運気・エネルギーの損失を正当に回収にかかるためのもの。見過ごす事がその先のリスクとなり得るため。
大海七変伐港
【対象者】
的が外されている者。事態の悪化は急で激しく肉体面にも大いに及ぶが、何よりも原因や対処の見定めを全く反対側に遠くされてしまっている場合に。一大絵巻参照。
三百十万円
壮大で多層的な仕組みの中で、その的を絞らせずに決定的に衰弱・衰退させて行くもの。状況対応しながら変化する中でもカムフラージュされている面もあり、剣や蠍ともいうべきような壊滅的・猛毒的霊障を時に肉体面にまで及ぼしてくる。いわゆる隙のないシステム的なもの。もし逆にされた場合は、現実的な対処は普通にはほぼ不可能にしてくる。100%無理ならば・・?
感終息
【対象者】
収束策の一種。特殊な宇之分離等のケースにより収束を必要とする場合に。
六十五万円/各
自己の防衛本能、防衛能力を逆手にとられて暴走するまでに高められた時、それはむしろ無用なもの、正常な生存を脅かすものとなる。それらは根本原因を取り去っても覚えているものであるし、年月をかけて忘却を図ろうとも人間の寿命の短き年月の中では叶わぬ事が多い。そのような時には積極的な処置としてその暴れだす感知能力を鎮める事が最善手となる事がある。

「烈終息宇眠」「禅終息宇痛」「忘終息宇聴」「氷終息宇痒」「猛終息宇痺」「撲終息宇奪」「開終息宇締」

error: Content is protected !!