タグアーカイブ 刺される

著者:貴喜

(霊的に)身体が刺されたり、切られたり、殴られたりをいきなりされる場合

身体が刺されたり、切られたり、殴られたりの感覚があると言うのは霊障です。

お腹が切られたり、どん!っと腕を殴られたり、キリキリっと爪の間から刺されたり、心臓を刺されたり。足裏をグリグリえぐられることもある。
現実的にリアル世界でやられているわけではありません。

でも、ご本人はその感覚がはっきりわかるし、起きていても寝ていてもいきなりされることもあるので苦痛極まり無い。
こうなっている場合はなかなか重度の霊障。

精神病との切り分けもしなきゃならないけれど、それは私にとってさほど難しくはありません。
(※ 念のため。精神疾患の場合で一定レベル以上の人はコミュニケーションが取れないので鑑定受けはしておりません。申し訳ありませんがご了承くださいませ。)

精神疾患では無い場合で、明らかに霊的な攻撃をされていて、それをリアルにご本人が感じるレベルっていうことは、根本問題として重くて深い。
狙われていて、肉体はそれをわかっているのだから。

過去の鑑定・処置経験を通して、どういう場合にそのようになりやすいのか、どういうきっかけがそれを起こすのかを、様々に見て来てだんだんとノウハウも蓄積してくることができました。
特にこれは一人一人様相が千差万別。霊視&フリハで全方位に調査していかないと無理だし、どちらかだけでも難しいのだろうと思います。

肉体と霊体、リアル(現実世界)と霊世界、霊視とフリハ。複眼的に見ていかないと立体的にわかって来ませんから。

著者:貴喜

激痛を伴う霊障について

霊障を受けている人の中には、場合によって身体の各箇所に異常を起こすこともあります。

霊の存在を見たり、感じたり、聴こえたりするだけでおさまっていれば良いのですが、実際身体の中の芯から激痛が走って突き刺されたように痛くなることや、そのうずきが右に行ったり左に行ったり勝手に移動して、自分がどうなってしまったのかわけがわからなくなるケースもあります。

一般の人から見たらそんなばかな・・。と思う様な出来事が起こったりします。それが霊障の奥深いところ。

これに対して原因を特定せずに、単純に除霊や供養をしても解決することはありません。鬼や○○系の属性のものに憑依されたりすると、人(霊の感受性が強い)により相当な激痛を伴うことがあります。

もちろん遠隔除霊や直接除霊で応急処置や対症療法はできますが、根本的には霊視&フリハ調査で都度深く調べて原因をつきとめてそこにダイレクトに対処していかないと、これは続きます。

error: Content is protected !!