タグアーカイブ 御符

著者:さものゑ

感情がわかれば、次の手がわかりますよ

恋愛鑑定

様々な恋愛のご相談をお受けすることがあります。好きな人がどんな感情を自分に持っているのか。何をあなたに対して感じているか。思っているのか。(場合によってはあなたは相手に対してどう感じて思っているか。も含めて)霊視×フリハ調査で正しく鑑定し、表層・深層心理に至るまで説明致しております。

 

(あなたが見過ごしていたかもしれない)性格、傾向、注意点などがわかります

鑑定を進めれば、どういう人なのか、性格、傾向、注意点などもわかってくるのが常です。きちんと根拠を視てそこから導きますので、時には名前だけを伺って霊視×フリハ調査を通じてどんどん先の特徴を私から言って行くこともあります。

 

 何よりも相手の感情やその強さの度合い、割合、言葉などを明確にお伝えすると、当事者しかわかりえないピンとくるようなことがご相談者にもあり、当方の恋愛鑑定の違いがおわりいただけることもあります。

 

対処方法は複数ありますが

 お札御守りパワーストーンブレスレットの恋愛系のものもございますが、可能ならば電話鑑定をお受け頂ければ、思いを寄せる人の分析や思わぬ障害、霊害、うっかり見過ごしていたシグナルなども気づいていただけることもあります。

 冷静に正しく相手を分析してから行動したい人、客観的に正確な鑑定も必要と思われる方に当所の恋愛鑑定は向いていると思います。ご参考までに。

著者:さものゑ

御符・木札を時代に合わせて進化させています

御符・木札を常に進化させる必要性

霊符&神折符.comでは、時代に合わせた御符や木札の研究を日々重ねています。1500種類以上のオリジナルの御符類を適宜必要な場合にどうしたら最大限にその効験をお届けできるか。様々なそれを阻害する要因を研究しながら実験とフィードバックを参考に改良を重ねています。そんな中で現在は平成31年度仕様の各御符・木札を作成しております。

鑑定時における最新の霊的な発見や対処経験からくるフィードバックにより、今の時代だからこそ起こって来るパターンの霊障などは常に生まれ続けています。それらを正しくキャッチアップしていかなければ、隙のない御符・木札は作れません。

昔から言い伝えられた除霊の手法や、伝統的な仕掛け・仕組みとかだけでは対応できないことが現代社会では起こって来ています。
古の時代には想定もできなかった現象・霊障のパターンが発生してきています。世の中が劇的に早く変化しているからです。そして便利なようで、霊的に敏感な人にはリスクを伴う時代になって来ました。

パソコンの普及によりパソコンを攻撃する悪質なウイルスなどの脅威に常に対処しなければならなくなって来ました。
それと同時に代表的な霊障の流れの一つに電気を通って来るものがありますが、このスマホや家電、パソコンなどは今の時代ゆえの霊障の典型的な搬入路でもあります。こういった今の時代に即したリスクを先摘みしながらも御符・木札の作り込みを日々アップデートしています。

時代に即した霊的リスクの最新情報を

鑑定時にはパソコンやスマホの何がリスクで何が問題ないかの選別やアドバイスも致しております。これは非常に大事なポイントなのですが、一人一人全く違うので鑑定時には精査が必要です。その実行によりリアルにその場で楽になられる方もいらっしゃいます。ラインやインスタグラムがスタンダードな今の時代に、どのようにしてそのリスクを無効化して生活の利便性を追求できるか。これは今の時代・これからの時代ゆえに正しくフィットさせていかなければならない要素だと考えています。

著者:さものゑ

ラインもインスタも霊も・・お互い行き来するもの

霊的な相互作用

霊的な処置をご依頼者に行なった場合、又そのように構築した場合。そのエネルギーは依頼者の周囲にも厳密には恩恵を受けます。

特に、親族や家族、血族、霊縁、地縁など、深い人であればあるほど基本的には繋がっていますので。

お葬式があれば、何があっても呼び出されて強制力が伴うでしょう?つまりこれは根底での強い影響力がすでに繋がっているということ。いざとなったらそういう影響力をお互いに持っている関係だということ。

数や力、前世縁なども複雑に絡みますが、人は周囲の縁無しには生きられないので。だから、自分の周囲に良い状態の人を持っておくことは極めて重要。相乗効果。win winの関係という。理想的。もちろん奪いにくるタイプなんて山ほどいるし、そんなのだらけの世ではあるけれど。

でもまあ基本の基本である家族の中でエネルギーの相互相関関係は普通はありますので。

実例

ご依頼者に構築していく過程で、「親の本質的なゴミの収集癖が無くなりました。」ってのは実際にご依頼者から聞いた話。これってやはり親子の間でやりとりがあるんだ。

二人が部屋で凍えている時に、石油ストーブでもポンと置くと二人ともその恩恵に預かれるでしょう?ご依頼者のためとはいえ、その直近にいる家族への影響もある。霊的にそれはあるのです。

家がゴミ屋敷だってのはオーバーにしても、他人が見て汚部屋だってのなら、ご依頼者向けに構築しても、パワーはその分は減算される。総数でいうと仮に大したことがなかったとしても。

著者:さものゑ

御符の発明と必要性の数、1500種以上

私が作成する御符は、全て必要性があって生み出したものです。

薬でもそうですね?結核とか赤痢とかなんとかウイルスとか。それが脅威だから、厄介だからこそ対抗する必要があるからそれ対策の薬が発明されて来た。この構図は昔から変わりません。

私が霊障を駆除する必要が以前からあって、いろんな個人的なルーツも役立ちながらそれに対抗できる物が御符とか木札というかたちで作り出せるので、それを突き進めて来たらこんな膨大な数を発明することになってしまいました。今は1500?、木札とか未公開も含めると3000?・・。

一つ一つ狙いは全く違います。

もちろんこの文章を書いている日にもそういうことはあり得ますので、常に違うパターンの霊障を処置する必要が来た時には発明しています。

ある願い事のために・・・というよりも、こういうのがないとやばい、まずい、まともに生きていけない・・・というくらいの切迫感がある方が結果的に発明することになる。例えばこの霊体のしてくることに対して今日60種類発明しないとかなりまずい・・。なんてことがプライベートで発生したりすると、もう全てをそっちのけでそれに没頭します。そして試行錯誤しながら形に作り出す。私は霊視❌フリハ調査ができるので、精度は間違いなく完成まで持っていけるのですが、いきなりすんなりいくことはありません。時間も労力もかなりかかります。

売っている本に書いてあるような霊符の通りに描くものやコピーのコピーみたいなものを実験で作ったことはあるのですよ。でも自作のものと比べると全く論外でした。波動調査とか、霊視・フリハ調査にかけてみてもその結果は一目瞭然でした。

私が作る御符って、紙に筆で単に描くようなものではなく、単に折るだけのものでもありません。その仕組みも一人一人に合わせて一つ一つフィットさせています。仕上がりは一般的には見たことがないような感じの御符なのだと思います。
色んなケースを汲み取っていますので、携帯用だったり貼り付ける用だったりとにも対応させています。

一つの御符が万人に効いたらそりゃどれだけ楽なのかと思いますよね。でも、それだと個別のケースには無駄な部分があったり、欲しいポイントが弱かったりとかがある。

著者:さものゑ

竜の真実と竜笛符5

そういうこと(1〜4)から竜と通じて、竜の種類もわかってこの竜笛符というものが生み出せました。

もちろんこの竜笛符を作り出すのは、今世の私にはそこまでルーツはないので前世以前での経験がとても役立っています。

竜とは別にそこに行かなくとも交信できる時はできるので、逆に色々困ったことの相談も受けました。

私のご依頼者は、実は人だけではありません。

そしてその辺りは持ちつ持たれつだったりです。

(竜に限らず、人外のものからのご依頼も結構あります。霊体はとても身近なものだから。)

この竜に顔色っていうのはないのだけれど、体色っていうのはありますので変化も都度あったりして変態してる時は不思議な感じです。

都度すごくパワーアップしてたり。でも精神年齢は変わってなかったり(笑)見て見て〜って。◯くなったでしょ〜?みたいな。

霊犬と同じようにまあ憎めない可愛いペットみたいなものです、この竜も。

色んな性質の色んなパワーがある時に、どういうエネルギーの種類があるのかってのはこれまでずっと目の当たりにして来ました。

霊視×フリハで調べればもちろん正確にわかるし知れますが、実際に体験して経験してっていうのは又全然別の経験値になります。

そしてそれが日常的に続くともう体も頭も忘れなくなる。

そういう背景があって私が竜笛符を作るのも当然の流れでした。

もちろん仕組みはわかっているとはいえ、作り方を一歩間違えると神罰この上ないから、ハイリスクの上に成り立つリターンです。