タグアーカイブ 生霊

著者:貴喜

生霊の憑依レベルと浄化スピード

今回は、霊の中でも生霊のお話。

これは意識的に飛ばしてしまう人もいるけれど、大体のケースでは無意識に飛ばしてる人が多いです。
EF056_L

そしてこれをくらって意識が朦朧としたり、ふらふらになる感受性のある人がいます。

そんな人の鑑定をしてきて、霊術をして対処したりしますが、そもそもその人がどの程度のしんどさを感じているかについては、個人差があります。
一方で、私はその霊の絶対的なマイナスの強さがわかります。
その霊そのものの強さ、影響力のこと。
温度で例えると、摂氏でもわかるけれど、基本的には絶対温度でとらえるようにしています。

例えば生霊の強さは大したことないけれど、意外と症状を訴える人などは元々霊に対して弱い人なんですね。だから、こんな人にはパワーストーンブレスレットのBARRIERのRSなどは、てき面に効果が現れます。

ただ、その人の霊への感受性が強かろうが、弱かろうが、生霊がとても強い場合は、受けた人の霊にBARRIERのRSでもそれを処理するまでに少し時間がかかってしまいます。

敵が強いと、時間がかかるわけです。

電車で例えると、大阪から東京へいくのに、今の自動浄化は新幹線の速度。二、三時間かかる。強烈な霊に対しては、まるまるこの時間かかる。

でも、この二、三時間が耐え難い弱い人も中にはいるわけ。
だから、飛行機並の一時間程度にできないか。
じゃあ、今度はそれをもっと短くできないか。と。

こういうのって知識だけでなく鑑定の数をこなして、経験として蓄積しないとわかりにくいところだけど、実際にはとても大切なことです。

error: Content is protected !!