タグアーカイブ 霊感

著者:さものゑ

夜中に起こされて行く件

真夜中に叩き起こされて、どこどこに行かされる・・・というのが私の場合良くあります。
京都に住んでいなかったらどうなっていたことか・・・というくらいの結構な頻度なので、住む場所も必然的に京都市内しかダメなんだろうな・・・と半ばあきらめています。

普通にゆっくり寝たい。でもまあ色々と耳鳴りや夢やメッセージの文字やらを捻じ込んで来られる事が多いので、仕事柄これは宿命なのだと思っています。
自分のペースで仕事がしたいと節に願いますが、もういつもペースを崩されっぱなしでリズムを翻弄される日々です。

私の理想の生活リズムを無視して霊的なものはやってくるので、とても疲れます・・。今回は21時を過ぎた頃に、「貴船方面に行かなければならない。」「行った方が良いぞ〜。」とフリハ調査のメッセージがそろりそろりと刺さって来ました。(汗)「明日の昼ではダメ?」「今夜今から?」と無駄な抵抗をしてみる時もありましたがまあ通用しません。
こういう場合無視したところで必ず回り回って再び巡って来ます。なので自分が壊れるまでは経験上進まなければなりません。

というわけで、今回は、真夜中に貴船神社へ。たまに行く場所の一つではありましたが、いつも夜中だな・・・と思いながらいざ出発。

鞍馬山と貴船山の間のところ。車で0時前に発進し、ものの40分ほどで到着。

柊野別れや京産大のあたりを通過すると、やっぱり空気感は少し変わります。昔の首切り場・処刑場のあたりだし、柊野別れは処刑される罪人とそのご家族とが永遠の別れをしなければならなかったという交差点で有名です。

今回お呼びの霊体・・・とは全く違うけれど行く前から何がいるかはおおよそわかってはいるのです。でもそこに行かないまま答えや情報だけ得るっていうのもなんだか嫌だし失礼かとも思うので、出来る限りその場へ行って接するというのは私なりの考え方で。原則として楽して得られるものはたかが知れている時があると思います。

やっぱりこういう時呼ばれているということは、向こうもこちらをわかっているのでお出迎えというか近づけば色々と待たれているものです。
どこに何が居るとか、車にへばりついて来たとかいう話はスタッフたちとしかわかり合えないだろうけれど。でも稀にそういう霊が小さい頃から見えて困っているご依頼者もお越しになるので、そんな時は話がとても通じます。どういう格好をしたどのような存在がどれくらいどこにいるか。どんな仕草やどんな表情をしているかなども経験していると、鑑定でもとてもスムーズに意識共有が進むのです。

著者:さものゑ

霊による乗っ取り1

霊的な影響力の行使

・1に霊を感じる事。視たり、聞いたり、話したり。
・2に霊に影響力を行使できる事。どかしたり、素性を暴いたり、交渉したり。

この2つは実は全く別の能力です。習って出来るものでもありません。
もし習って真似して出来たとかいうのがあったとしても、ほぼ誰でも出来る程度のものです。


この両方が揃っていないと物事(特に厄介なケース)の全貌を把握していく事はなかなか難しいです。
又別の機会に詳しく述べますが、完全に霊に乗っ取られた人を諌めてコントロールするのは、経験や場数を踏んでいないと全く太刀打ちできません。たまにテレビでやってるでしょう?霊感スポットに行ったらその中のスタッフの誰かが急にしんどくなって乗っ取られて奇声を発して暴れ出して・・・ってあるでしょう。ヤラセも一定割合ではあるけれど、「本当にマジだな・・これ」っていうのもある。

ああなった人と霊をその場で対処できるか?処置できるか?そもそも仕組みわかっているか?

霊の立場からしたら、正論を言われたところで「お前が言うな」ってなるわけで。
視えたり聴いたりするだけでは意味がない。霊に対して影響力を持っていないと。もちろんその霊の意図がわかるのは大前提だけど、影響力もワンパターンではダメ。少なくとも何百、何千の対応方法を持っていないと。

人も霊も個性の種類はほぼ無限にあるのだから。


そのためには依頼者の話していることから真意を視て汲み取って、対象霊の意図を正しい順序で視抜いていって、双方に適切な影響力を行使していかなくてはいけません。

著者:さものゑ

私がハイ・パワーストーンブレスレットを作れる理由

霊感がある人なら感じられるパワーストーンブレスレット!

波動と一言で言いますが、私が作成するブレスレットはとても大きな波動になるように仕上げています。霊感が一定以上あったり、波動の感覚がある人なら感じられると思います。

実際に私が作成したパワーストーンブレスレットが届いて、波動の大きさにびっくりされる人も時々おられます。

そもそも、

・ 波動指数が3~5程度の石だけを寄せ集めたブレスレットは街の店先等で良く見かけます。

・ 波動指数が最低5,000,000(500万)程度迄にならないとパワーストーンブレスレットとは言えないと言えません。

・ 波動指数が400,000,000(4億)以上にならないと、ハイ・パワーストーンブレスレットとは言えません。

これは、私なりの”パワーストーンブレスレット”の定義です。

しかし通常は、

・ 波動指数3~5程度が一般的です。市販のブレスレットや占い師が作成したブレスレットはこのパターンが実に多いです。

・ 波動指数が200,000(20万)程度~5000,000(50万)程度のブレスレットを依頼者が身につけていたりするのを対面鑑定時にお見かけする場合がたまにあります。

それは、決まってどこどこの誰々に作成してもらったとか、霊能者の○○に作成してもらったとかという場合が多いです。

{・ 波動指数がー5,000,000(マイナス500万)などという、ある意味呪われているようなブレスを身につけたままの人もたまに鑑定時にお見かけしますが。}

{これは浄化ができていないのか、簡単にはけがれをとれない頑固なけがれなのか。もちろんその悪影響の度合いは当人の感受性、感度次第ですが。}

なので、実際、何らかのプラスの波動を5,000,000(500万)程度迄持つブレスレットを作っている人はたまにあるようです。

波動の種類と強さを把握して管理しているのは、霊視とフリハ調査です。

しかし、私のように波動の大きさを把握・管理していたり、その波動の種類まで自在に操作して理解している人はなかなかいないと思います。

・ 波動指数を確実に知ること自体が、霊視とフリハ調査を組み合わせてでしか出来ないと思うからです。

そしてこのことが、100種類以上のハイ・パワーストーンブレスレットを私が作っている理由の一つになります。

著者:さものゑ

霊で悩んでいる人 霊感のある人、ない人

霊との関係を見直そう

皆、近頃はスマホ持ってます。
街を歩くと📶電波だらけ。
周囲の家やら街の中から色んな電波が飛んでます。
EE191_L

そんな所ではスマホは、遅い3Gより早いWi-Fiを探しに行くけれど、もちろん自分の契約してる所でもないし、パスワードも知らないから、遅い3Gのままです。

画面を見てると3GになったりWiFiに切り変わったりなどしてるはず。

でも、自宅にWi-Fi環境にしている人は、家に着くと途端にWi-Fi環境になって、超快速。
全く異次元です。

つまり、霊感がある人もない人もその霊とのつながり方次第で症状が変わります。

著者:さものゑ

霊を感じるだけでは意味がない

どの種類の霊感を持っているか

霊を感じる人がいます。視たり、聞いたり、話したり。
又一方で霊に対してどかしたり、素性を知ったり、交渉したり、影響力を行使できる人がいます。
これは全く別の素質です。

つまり、何が言いたいかと言うとこれらが両方揃っていないと本当の解決に持って行く事にはなかなかならないんです。

視えたり聴いたりするだけでは意味がない。霊に対して影響力がないと。その霊の意図がわからないと。

例えば前者はテレビやラジオの視聴者だったり、リスナーとしたら後者はアナウンサーやタレント、テレビ局側に例えられます。

テレビをうるさいと感じたり見るのをやめたりはできるけど、でもその放送自体それはずっと続いてるわけです。又チャンネルを合わせたり合わせられたりと合ってしまえば又流れてくる。

それじゃ根本解決にならない。深くこじれた霊障害の場合は、発信者側の人やそもそもテレビ局側に通じる人に直接放送を中止してもらったり、終了してもらったりしなきゃならないわけです。

でも一筋縄じゃいかない。そのテレビ側の人にはきちんと筋の通った話をつけなきゃならない。だからそのテレビ番組(霊障)を放送している理由や背景を知って、そのニーズをなくして番組が終了するようにする。

そのためには依頼者の何がニーズになっていて、放送されているのかを解明しないと深い霊障はおさめられません。

そこで霊視とフリハ調査で調べ尽くしていくわけです。