タグアーカイブ 霊聴

著者:さものゑ

霊の声や気配が聴こえるという場合に

霊の気配を感じる時

霊の話す声が聴こえる人がいます。こういうのってわからない人は全くわからないのだけれど、わかる人は絶対にわかって共感できるものです。本当にそういうことはある。

リアルに話しかけてきたり、耳元でそっと声をかけられたり、名前を呼ばれたり、ありえない大きな物音が誰もいない部屋からしたり、ビニールのくしゃくしゃという音が隣の部屋から聞こえたり、音がするはずのないところから音がしたり。風圧だけボッとさせてくるのもいる。

それが日常生活に支障がないなら放っておいて構いません。それまでのことです。でもどうしても気になったり、あまりに日常生活に支障を来たし、脅かされるということならばその原因を突き止めて、解決or決着させねばなりません。

著者:さものゑ

霊の声や気配が聴こえるという事象について

霊聴は鑑定で重宝するという事

霊の話す声が聞こえる人がいます。こういうのってわからない人は全くわからないんだけれど、わかる人は絶対にわかる、共感できるものです。本当にそういうことはある。

リアルに話しかけてきたり、耳元でそっと声をかけられたり、名前を呼ばれたり、ありえない大きな物音が誰もいない部屋からしたり、ビニールのくしゃくしゃという音が隣の部屋から聞こえたり、音がするはずのないところから音がしたり。風圧だけボッとさせてくるのもいる。

それが日常生活に支障がないなら放っておいて構いません。それまでのことです。でもどうしても気になったり、あまりに日常生活に支障を来たし、脅かされるということならばその原因を突き止めて、解決or決着させねばなりません。

著者:さものゑ

霊聴

霊的な現象を感じる人は、視ることではなく、聴こえることに注目する人もいます。

これはよくある典型的な例ですが、

例えば、ドアがガチャっと閉まるような音がするとします。

本人にはそれが玄関ではなく、正反対のありえない方向からガチャっとなったのがわかります。普段住んでいる家なのですから耳が間違えるはずありません。

ただ、霊感のない母や姉などは聴こえたとしても玄関からガチャっと聴こえたと言います。

ここが霊感のある人とない人の違い。
FZ092_L

霊感がある人が感じるそれは正しい。間違いない。

霊感がない人の見解や聴こえ方は同じで、それもその人達からしたら正しい共通の見解。

つまり、両者ともに感じ方は正解なのです。

だから基本的に霊感がある人と、ない人がわかり合えることはありえません。

お互いに聴こえ方に嘘、偽りがないのですから。

なので、私が調べている時その人が言っている事で霊感がある人なのかない人なのかはすぐにわかります。