タグアーカイブ 霊視鑑定

著者:さものゑ

霊感・霊圧を感じるご依頼者と鑑定受けの基準について

これまでの所、当所のご依頼者の半数割合以上の方は実際に感覚として霊障を感じる事が出来ます(霊感がある)し、それを明確に意識されています。

リピートのご依頼者はその点においてほぼ100%近いのではないでしょうか。

濃淡はあれど、

刺された。

えぐられてグリグリされた。

鈍器で殴られた感じ。

爪の間を針で刺された感じ。

昏睡魔に襲われた。

首〜背中が急に重い感じ。

など、感覚として経験されているご依頼者の症状を数え上げればキリがないほどです。

このような霊的な感覚(霊感)をお持ちの方に対して、それがどのような仕組みでそうなっているか〜どうやったらその霊感を治められるかなどをこれまでかなり広く、深く調査・研究して対処してきました。

もちろん人間は薄っぺらい人ばかりではありませんから、複雑な歴史を背負っている人などはそれを何層かめくっていかねばならず、当方には出来てもその作業が現実的にご依頼者の都合で出来ない場合もあります。

やり方は全くケースバイケースで、その鑑定のタイミングでも変化します。

ご依頼者の人間関係や行動が原因になっていることもありますので、その調査も独自の方法で行っています。

時には既製品のお寺のお札や御祈祷などの方法は全く効かずに逆に悪化させたような状態の人も巡り巡って来られますので、その難儀な状態を独自に調査してそのご依頼者にお話しています。

ずっと鑑定〜原因〜対処を続けてきていますので、その点においての経験値は自ずと上がってきますし、近頃では一通りのパターンは一巡して経験した風に思います。

ご本人にコミュニケーション能力がほとんどない場合は鑑定受けはできませんが(霊的にやられきってしまっている場合、デッドラインを越えてしまっている場合には話が通じないので鑑定受けはできませんが)、そうでない場合は出来るだけご依頼者の自己向上のポイントも探しながら、鑑定をお受けしています。

著者:さものゑ

早朝・深夜・未明も電話鑑定をお受けしています(予約時)

時間帯により鑑定料金が異なります。

霊の悩みで来られる方は地元関西から首都圏、北海道、沖縄の方まで様々です。
遠く時差のあるアメリカやカナダにいる日本人の方からもスカイプでご依頼をいただきます。
なんだかんだで時差の問題もうまく調整して鑑定出来ています。
 

ご予約後、振り子∞波動研究所では
・通常時間(10時〜23時)
・深夜(23時〜25時)
・未明(25時〜26時)
・早朝(〜10時
)の電話鑑定をお受けしています。

 

問い合わせはメールフォームではなく、ダイレクトにお電話くださる方も多いです。(080-4822-0055 海外からはスカイプも→fuchiroom12)
確かに迷ったらさっさとお電話頂いた方が早いです。

電話鑑定でも多分皆さんが想像される以上に深く調査します。

・電話鑑定だけのメリットとして、依頼者が”家の中にいるからこそすぐに出来ること”があります。
・対面鑑定だけのメリットとして、”ジェスチャーや図解などですぐに伝えやすい”ということろがあります。

なので一概にどちらの方が良いってのはなくて、ケースバイケースです。

 

一方で霊的な問題なのか違うのか漠然としてわからないけど、直感がそういってるので・・・と言ってお越しになる方もいます。

どんな人でも鑑定が始まるやいなや、即座に視ていきますので霊的問題なのかはすぐにわかります。

今まで誰に相談して良いかわからずに悩んでいた人もまずは1時間(電話鑑定)か2時間(対面鑑定)をご予約の上安心してお話し下さい。

振り子∞波動研究所は、縁ある方のお越しをお待ちしております。

著者:さものゑ

霊能者の自然淘汰2

どんな護摩業のお坊さんであろうと、念力者であろうと、祈祷師であろうと、この種の霊にかかったら原因を知って対策しないとどんどん自滅してしまうという危ないケースは確かにあります。

本人がよかれと思ってやった九字の法が逆に自らを苦しめた結果自分が倒れたり、祈祷であぶり出したものをそのまま信じて終わっちゃったら後で夜中にガツンとやられたっていうケースも。

霊を扱う仕事をしているならそりゃそうしないと駄目だわなあ・・・てな所が私的にはあるので、逆にそれが出来ていない人は、こういった”ジョーカー的な霊”に出くわした時にはいつかやられてしまってもおかしくないな・・・と思ったりします。
それが出来ている人か否かは、他社のホームページとかに載っている人やテレビに出ている人の顔を見ても、すぐにこれはわかります。

なのでその”ジョーカー的な霊”が来たらある意味命がけみたいなケースもまれにあったりするけれど、さらに厄介なのはそれが”試練”と重なる場合。これは相当ハードです。

霊は、下手すると家族や家系にも影響が来るから。家系図内で伝染したりする。自分一人が強くてもだめです。

本当にレベルが高く狡猾な霊はそういったこともしてくる。足を引っ張るように。正面で駄目とわかればあらゆる手を使ってくる。隠れたり・仲間を呼んだり・嘘を言ったり。

だから、やっぱり霊障にはケースに応じた原因追求と対策・対処が必須。○○の一つ覚え的な霊への対処をしている人がいたら、その人はいつか自滅しちゃうと思う。