タグアーカイブ 霊視

著者:さものゑ

夜中に起こされて行く件

真夜中に叩き起こされて、どこどこに行かされる・・・というのが私の場合良くあります。
京都に住んでいなかったらどうなっていたことか・・・というくらいの結構な頻度なので、住む場所も必然的に京都市内しかダメなんだろうな・・・と半ばあきらめています。

普通にゆっくり寝たい。でもまあ色々と耳鳴りや夢やメッセージの文字やらを捻じ込んで来られる事が多いので、仕事柄これは宿命なのだと思っています。
自分のペースで仕事がしたいと節に願いますが、もういつもペースを崩されっぱなしでリズムを翻弄される日々です。

私の理想の生活リズムを無視して霊的なものはやってくるので、とても疲れます・・。今回は21時を過ぎた頃に、「貴船方面に行かなければならない。」「行った方が良いぞ〜。」とフリハ調査のメッセージがそろりそろりと刺さって来ました。(汗)「明日の昼ではダメ?」「今夜今から?」と無駄な抵抗をしてみる時もありましたがまあ通用しません。
こういう場合無視したところで必ず回り回って再び巡って来ます。なので自分が壊れるまでは経験上進まなければなりません。

というわけで、今回は、真夜中に貴船神社へ。たまに行く場所の一つではありましたが、いつも夜中だな・・・と思いながらいざ出発。

鞍馬山と貴船山の間のところ。車で0時前に発進し、ものの40分ほどで到着。

柊野別れや京産大のあたりを通過すると、やっぱり空気感は少し変わります。昔の首切り場・処刑場のあたりだし、柊野別れは処刑される罪人とそのご家族とが永遠の別れをしなければならなかったという交差点で有名です。

今回お呼びの霊体・・・とは全く違うけれど行く前から何がいるかはおおよそわかってはいるのです。でもそこに行かないまま答えや情報だけ得るっていうのもなんだか嫌だし失礼かとも思うので、出来る限りその場へ行って接するというのは私なりの考え方で。原則として楽して得られるものはたかが知れている時があると思います。

やっぱりこういう時呼ばれているということは、向こうもこちらをわかっているのでお出迎えというか近づけば色々と待たれているものです。
どこに何が居るとか、車にへばりついて来たとかいう話はスタッフたちとしかわかり合えないだろうけれど。でも稀にそういう霊が小さい頃から見えて困っているご依頼者もお越しになるので、そんな時は話がとても通じます。どういう格好をしたどのような存在がどれくらいどこにいるか。どんな仕草やどんな表情をしているかなども経験していると、鑑定でもとてもスムーズに意識共有が進むのです。

著者:さものゑ

正月三が日・平安神宮での霊的な写真撮り

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

お正月も開けて仕事始めの時期ですね、皆さんいかがお過ごしでしたか。
私はこのお正月は珍しくいくつかの京都の社寺へ参拝目的ではなく、違う目的があって行っておりました。

?何しに行ったのだろう?と不思議に思われる方もいると思います。
私自身が御符とか木札とか作成する側ですし、ご依頼を受ける側なのに??って。
もちろん私自身のために神社やお寺にお守りを求めに行くことはないですし、願い事目的で行くこともありません。でもそう、今回実はこのタイミングだから・・・と思って行ってきたのでした。

神社・お寺に行って撮ろうと思った理由

大晦日〜元旦明けにかけて、偶然京都の北野天満宮の辺りを歩いていました。ほんとたまたまです。
この北野天満宮は学問の神様「菅原道真」が祀ってあって、全国的にも受験生やそのご家族が来られてとても参拝者が多いところです。皆その効験にあやかって受験合格したいと思っているわけです。
元旦明けの1時、2時くらいにはもう車が混んできています。屋台・出店も当然準備が終わってきている頃で、三が日はこの北野白梅町一帯(北野天満宮付近)が大渋滞なのは毎年の事です。そこでピンと閃きました。
そうだ、三が日に初詣で賑わう神社・お寺は色々な願い事をする人が集まるわけだから、普段とは違う状態になっているだろう、と。
そこにはどんな霊体が集まって、どんな神様が現れて、人の願い(欲望?願望?希望?)とはどんな感じで視えるのか、一眼レフカメラでも撮ってどう写るのかやってみよう。カメラの勉強にもなるしこれらはどれも霊能者の仕事の役に立つだろうと。

平安神宮で霊的存在を視て、霊能者スタッフと答え合わせ

そんな流れで振り子∞波動研究所の霊能者スタッフと霊感者スタッフを連れて急遽行くことになったのでした。でも北野天満宮はちょっと違うなあ・・・と思ったので、まずは手始めに平安神宮へ。ここは砂利が綺麗に一面敷いてあって、広い。以外とそんなに混んでいない印象でした。すると、だいたいの神社やお寺もそうなのですが、ちゃんとしたところならそこには霊的な存在が住んでいるというか、居着いている。どれに縁があるかにもよりますが、まあやっぱり私や霊感者スタッフとコミュニケーションできる存在も中にはいるわけです。

神様系には限らない。ちょっと突き抜けたような存在や、とんがった性質の存在もいたりするもの。でもそれはここの平安神宮に限らず、どこへでも存在できるのだからこの場所こそがというわけではなくて、ここでも会ったねという感じ。

写真はそれぞれ平安神宮の参拝者とあーここだなと思った場所。この写真の場所に関しては、私さものゑと霊感者スタッフとの意見も一致していました。視方は少し違ったけど、それについての中身をお互いに答え合わせをするとそうそうって感じ。中国語で言うとトゥヤトゥヤですね。皆さんの中にも、この写真をみて霊感をお持ちの方なら。「おや!?」と思われる方がいるかもしれません。どうぞじっくり視て視てください。

著者:さものゑ

チャクラ調査はオーソドックスな調査法。

霊障とは少し違う視点なのだけど、ヨーガでいうところのチャクラというものがあります。時として連動するので決して無関係ではありません。

これは私が作るパワーストーンブレスレットBODYでもそのしくみを応用しているのですが、チャクラというと基本的に第1~第7チャクラまで色で分かれているでしょう?

赤・橙・黄・緑・青・紺・紫って。どんなインドのヨーガの経典を見ても色はそうなってるし、確かにその色のように実際に視えます。

鑑定の時には、だいたい先に言っています。今あなたはどんな状態でどの程度で・・・って。それをベースにして鑑定中に補正できたり復活して来たら、そこでもお伝えして。

すると依頼者はチャクラの状態と体感が連動して連想できますね?

そういったことを鑑定で繰り返すことで、自分がどんな時にどうなっているかということが予想できるようになるでしょう。

たとえあなたに霊視することができなくても、自分の異変を論理的に気付ければそれは進歩。推測できれば気が楽になるはず。一つの原因がわかっているのとわかっていないのとでは全く違う。ただ単に霊障でしんどくなっているのとでは、全く気の滅入り方も違うはずです。


十人十色の霊障があるわけだから、多角的な調べ方ができるに越したことはなく、チャクラの状態を調べるのは、まあ病院でするエックス線検査みたいなもので、万能ではないがある種の異常を知れる一つのオーソドックスな調査方法と位置付けています。

著者:さものゑ

霊ドックでわかることと、

私は鑑定時にその人の霊的な異常を調べています。人間ドックに対して霊ドックというものですね。(ここで言う霊ドッグとはオーラ調査とは又全く別の調査方法です。)

 

定期的に人間ドックを受ける人はいるでしょう?
血液成分の検査、血圧、レントゲン、尿、便、視力、聴力、胃カメラ、聴診器で検査、触診などなど。会社で年に一度ある健康診断でも。国保に入っている人は年に一度小学校の休校日に行けば似たようなものが受けられます。

基本的に私は霊視❌フリハ調査で知りたいことを細部まで根拠をもって調べています。これまでの経験から、霊的な分野でその調査結果から様々なことが導き出せることがあるからです。

 

私の鑑定を受けられた方はもうお分かりのはず。
電話鑑定でも対面鑑定でも。
一つ一つチェックした時に問題があったり、それは無視して良い異常だったり、大事なポイントだったりを説明しながらしていますね。臨機応変に。

実はこういった対面鑑定・電話鑑定を通して調べた時のデータは、無料点検時には依頼者にとって実際に役立つものなのですよ。

無料点検結果のお伝えメールから、「あっ鑑定時にこの異常の時はああいうことだったから、今の私の状態はああなってるってことか・・・確かに心当たりはある・・・よし今度鑑定受ける前に自力で今調整できるか試みてみよう。」といった、自分でも修正できる気持ちと行動が芽生えくれるのは嬉しいものです。この気づきと実行が成長です。生き方の微調整です。

 

正しい除霊・霊障対策研究所(振り子∞波動研究所)では、霊障の事態がどうしようもなくなってお越しいただくケースも多いですが、あくまでいつかはそれぞれの課題について克服してもらえたらいいなと思っています。なので、

無料点検制度は業界でも唯一、昔から設けていますが、年に数回日を決めて、自分の立ち位置を知って今の自分をどう判断するかを知ってもらうための制度でもあります。依頼経験者の自由参加です。

正しい方向への自己の成長意欲を持っている人には、時に役立つこともあるでしょう。

実際に「点検から自己修正を図って、行動パターンを変えて、落ち着くようになれました。うまくコントロールできるようになれました。その種の霊障を受けなくなりました」とその課題を克服されたケースもあるのですよ。

著者:さものゑ

霊による乗っ取り1

霊的な影響力の行使

・1に霊を感じる事。視たり、聞いたり、話したり。
・2に霊に影響力を行使できる事。どかしたり、素性を暴いたり、交渉したり。

この2つは実は全く別の能力です。習って出来るものでもありません。
もし習って真似して出来たとかいうのがあったとしても、ほぼ誰でも出来る程度のものです。


この両方が揃っていないと物事(特に厄介なケース)の全貌を把握していく事はなかなか難しいです。
又別の機会に詳しく述べますが、完全に霊に乗っ取られた人を諌めてコントロールするのは、経験や場数を踏んでいないと全く太刀打ちできません。たまにテレビでやってるでしょう?霊感スポットに行ったらその中のスタッフの誰かが急にしんどくなって乗っ取られて奇声を発して暴れ出して・・・ってあるでしょう。ヤラセも一定割合ではあるけれど、「本当にマジだな・・これ」っていうのもある。

ああなった人と霊をその場で対処できるか?処置できるか?そもそも仕組みわかっているか?

霊の立場からしたら、正論を言われたところで「お前が言うな」ってなるわけで。
視えたり聴いたりするだけでは意味がない。霊に対して影響力を持っていないと。もちろんその霊の意図がわかるのは大前提だけど、影響力もワンパターンではダメ。少なくとも何百、何千の対応方法を持っていないと。

人も霊も個性の種類はほぼ無限にあるのだから。


そのためには依頼者の話していることから真意を視て汲み取って、対象霊の意図を正しい順序で視抜いていって、双方に適切な影響力を行使していかなくてはいけません。