タグアーカイブ 霊能者

投稿者:貴喜

私の考え

霊という分野を扱うに当たり、警戒や不安を感じる人も多いことだと思います。

一般的に見えないとされている分野でもあることからそういう方からしたら当然だと思います。当方では出来るだけそのような方の不安を取り除いていただこうと考えています。


・鑑定ルームを京都の中心地から徒歩4分の清潔感のあるビルに設けています。
・複数の占い師や鑑定士、霊能者が共有するようなスペースを使用していません。お悩みの性質上秘匿性を確保したい方も多いと思うからです。


・鑑定以外にも、懇親会・勉強会・講習会を定期的に実施しています。
・鑑定以外にも、無料状態点検を毎月実施しています。
・ホームページに料金やブログ情報を公開しています。

個人的にはあまりスピリチュアルな方に寄りすぎないように注意して、現実世界にはどう連動するのかを常に考えるようにしています。出来るだけ軸足は現実世界に置いておきたいと思っているからです。

投稿者:貴喜

お申込み〜鑑定のスタイルについて

お申込みについて

「霊障で悩んでいて、しっかり深く鑑定してほしい。」
「子供や近親者の様子が少し気掛かりで相談に乗ってほしい。」
「こんな相談内容をお話して良いのかわからないけれど・・・。」
「霊的な内容だと自分でははっきりわからないが、代表的な症状に心当たりが多くある。」

などなど・・・。お申込フォームへ入力後ご送信ください。その後メールのやり取りにてご案内させて頂きます。

「どんな方がご依頼者で来られていますか?」

→原因を追求したい方
→仕組みを理解して、生き方に活かしたい方
→表面的な”除霊”という言葉に抵抗がある方
→真面目な方

にとって当所は相性として合いやすいのではないかと思います。
※ 尚、しっかり意識共有して鑑定しお話するスタイルのため、ご本人が精神的な疾患をお持ちの場合は継続してのコミュニケーションが難しいため鑑定をすることが出来ません。予めご了承くださいませ。

投稿者:貴喜

単純な憑依をどけるくらいでは霊能者は不要です

例えば”除霊”という言葉で皆さんはどうイメージをされるでしょうか。

除霊とは人に憑いた”霊”の”憑依”だけを単純に取り除くこと。憑依というものを退ける行為です。まあ単純にその事だけを厳密にはいいます。

たまたまその人のチャクラや守護霊の状態がどん底に悪くて憑いた霊などの場合は、除霊だけで今後その人に霊の悪影響が起こらなくなることもあります。でもそんなレベルの浅い憑依であれば放っておけば、まあ時間薬で治っていくと思います。誰だって大なり小なりそのような事はあるし経験しているはずですし。わざわざ霊能者に除霊してもらう必要はないでしょう。

そうではなく、その人の歪んだ考え方や強い攻撃性などによりその反動で恨みや反感、カルマなどを蓄積して疲弊している場合などは、単純に除霊して一時的に良くなっても又その人の性質により憑依を繰り返し蓄積していくことになります。問題はこっちの方。

がんになった人が手術で腫瘍を摘出しても、たばこばかり吸っていたら又がんになるでしょう?このような構図は誰でもわかります。

そういうことが人と憑依の関係でもあるということです。

投稿者:貴喜

霊障をバネにして進んでいくために

鑑定士として、霊的な力で様々な難儀・難題のご依頼をお受けしています。

しかしご依頼者の皆様と霊感全て(霊視・霊聴、他)を共有することはできませんので、出来るだけわかりやすくお伝えする能力も実務的には求められると思っています。

鑑定士や霊能者を名乗ったり、何らかの苦しい出来事から能力が発現した・・・という人は世には時々います。

しかしいざご依頼者がその人に相談すると、「社会経験に乏しい為か常識的な話し方やマナー、総じてコミュニケーション能力に欠けていて信頼して相談を続けられなかった」という経験をして、巡り巡って当所へご相談に来られる方が近頃増えています。

鑑定士・霊能者は真実を見極め、霊感のあるご依頼者に実感していただくのはその通りだと思います。

しかし私は鑑定結果や除霊技術に加えて、全体のコミュニケーション能力、事後の無料定期点検、時には発見や喜びなども交えながら前進していってもらえるような懇親会など定例開催も同じくらい重要な事だと考えています。

重くしんどい難儀な霊的トラブルが続く場合は気が滅入ることもあるでしょう。息抜きのような事や気分転換も時にないと、リフレッシュできませんから。

当所は鑑定士・霊能者として扱っている分野が広いし独自に深いので、「トータルでここに任せたら大丈夫」というようなところに結果としてなれば理想的ではないかと考えています。

投稿者:貴喜

霊による乗っ取り1

霊的な影響力の行使

・1に霊を感じる事。視たり、聞いたり、話したり。
・2に霊に影響力を行使できる事。どかしたり、素性を暴いたり、交渉したり。

この2つは実は全く別の能力です。習って出来るものでもありません。
もし習って真似して出来たとかいうのがあったとしても、ほぼ誰でも出来る程度のものです。


この両方が揃っていないと物事(特に厄介なケース)の全貌を把握していく事はなかなか難しいです。
又別の機会に詳しく述べますが、完全に霊に乗っ取られた人を諌めてコントロールするのは、経験や場数を踏んでいないと全く太刀打ちできません。たまにテレビでやってるでしょう?霊感スポットに行ったらその中のスタッフの誰かが急にしんどくなって乗っ取られて奇声を発して暴れ出して・・・ってあるでしょう。ヤラセも一定割合ではあるけれど、「本当にマジだな・・これ」っていうのもある。

ああなった人と霊をその場で対処できるか?処置できるか?そもそも仕組みわかっているか?

霊の立場からしたら、正論を言われたところで「お前が言うな」ってなるわけで。
視えたり聴いたりするだけでは意味がない。霊に対して影響力を持っていないと。もちろんその霊の意図がわかるのは大前提だけど、影響力もワンパターンではダメ。少なくとも何百、何千の対応方法を持っていないと。

人も霊も個性の種類はほぼ無限にあるのだから。


そのためには依頼者の話していることから真意を視て汲み取って、対象霊の意図を正しい順序で視抜いていって、双方に適切な影響力を行使していかなくてはいけません。

error: Content is protected !!