著者アーカイブ 貴喜

投稿者:貴喜

除霊についての考え

人が霊的な影響を受けている分野は実はとても多いのだなと常々思います。

けれど実際他人に視えないものが視える人や、得体のしれない霊的なものに日常生活に支障をきたされ続けたりするとこれは厄介なことになります。

又、単純に霊としてわかりやすく見えるものに限らず、これらを含めた広義の霊障というのはたくさんあります。

そしてその霊障の原因は様々です。

縁に起因するもの、家系に起因するもの、本人に起因するものなど原因は様々で人それぞれ。これを一義的に除霊のお札であるとか、除霊の儀式などと称して行うことが果たして何%の人にどの程度有効なのかははなはだ疑問です。これこそ一番意味が無いあてずっぽうの処置になります。

・憑依している霊=100%悪い霊とは限りません。
・生まれる前からの因果が絡んでいる場合、”普通には”知る術はありません。
・複数の原因が絡んでいる場合、当然一つの処置では解けません。

悪い箇所を除去することだけで全てが丸くおさまるというような単純なものではなく、人の感情と同様に複雑な場合ももちろんあります。

もし除霊が本当に必要な人ならば、原因を追究して正しい順序で正しい除霊の手立てをしてこそはじめて依頼者の人に役立つ解決になると思っていますが、まずは原因の正しい把握だと考えています。

投稿者:貴喜

対面鑑定→webにて実施のお知らせ

コロナウイルス第4波の影響により、当所では京都事務所でお会いする対面鑑定をR3年4月現在webへ移行しております。

セキュリティの観点からzoomは使用せず、appleのfacetime、バイバーのビデオ通話を主に使用しています。

ご自宅のパソコンやスマホから、お気軽に鑑定をお受けいただけます。

ご不明な点、お気軽にお問い合わせくださいませ。→(080-4822-0055)

よろしくお願い致します。

投稿者:貴喜

対面鑑定再開のお知らせ

令和3年3月より京都地区の緊急事態宣言が解除されたことに伴い、対面鑑定を再開しております。又、京都事務所での懇親会も3月下旬より同じく再開予定です。
・天井換気扇二機
・使い捨てスリッパ
・マスクかフェイスシールドの着用
・スタッフの手指消毒スプレーと椅子・テーブル等の消毒、うがいによる予防。
・対面テーブルへアクリルパーテーションの設置

(コロナの蔓延が顕著になった場合には、中止、もしくは適宜WEBへ切り替えご提案させて頂きます。)

よろしくお願い致します。


4月に入り、コロナの流行悪化により京都事務所での対面鑑定を中止し、オンラインへ移行しています。

投稿者:貴喜

懇親会・勉強会延期のお知らせ(R2年12月)

今月の個別懇親会・勉強会を、(昨今のコロナ環境を鑑みて)翌月以降へ延期させていただくこととなりました。実施時は改めてホームページ・ブログのカレンダー欄へUP、ご案内させていただきます。何卒よろしくお願い致します。

投稿者:貴喜

守護霊を視るだけでなく理解らねば

守護霊のいる意味とは?

①どのルーツで
②どれくらいの強さで
③どういう性質を持っているのか

などはそれぞれまちまちです。

守護霊の立場に立った時、それを言葉にして伝えるのが難しい原因や、言うとリスクがある状態の時もあります。

この世には日本人やアメリカ人、ロシア人やブラジル人といった人種がまずあるでしょう?

守護霊も一緒です。人種ということではないのですが、基本のグループというかカテゴリーのようなものはあります。

でもそんなグループ分けをして、そのご依頼者を霊視したら〇〇が視えるから、〇〇がついていますよ・・・とお伝えするだけでは意味がないと思います。

それがなぜ、どんな理由で、いつから、どのような経緯で・・の方が意味があるし、そちらこそが大事だと思っています。

このような事は残念ながら、霊視だけではなかなか難しくって、フリハ調査も同時にしていかないとなりません。

視えているだけではダメで、理解らないと。と私は考えています。

error: Content is protected !!