投稿者アーカイブ 貴喜

投稿者:貴喜

常日頃からリピートいただいている方へ、ささやかなプレゼント!


いつも振り子波動研究所をご贔屓にありがとうございます。

2021〜2022年の間に鑑定・懇親会などリピートいただいていた方へ、感謝の気持ちをこめてささやかなプレゼント!

今回はオーガニカのサプリになります。

ケルセチン」・・・・ケールのサプリとも。サイズが大きなカプセルですので飲む時はご注意を。ずっしり入って300粒。
中鎖脂肪酸&ココナッツミルクパウダー」・・・・ジャンボサイズ。入れ物は大きいですが、中身は半分程度まで入っている感じ。今世間で注目されているMCTのパウダータイプ。先進国の北米ではとっくにメジャーらしく。コーヒーにいかが?
コラーゲン&抹茶パウダー」・・・・keto friendly. 気になる方はどうぞお調べを。日本はサプリ後進国、ですね。

対象の方、内容/種類につきましては、フリハ調査にて選定し順次発送させていただきます。

今後ともご依頼者の皆様の生活の質の向上を念頭にトータルでサポートさせていただきます。
よろしくお願い致します。

投稿者:貴喜

お急ぎの方へは電話鑑定をお勧めしています

お急ぎの方へは電話鑑定をお勧めしています。もしタイミングが合えば、当日お受けいただける場合もございます。

全ての鑑定は有料・完全予約制です。

お申し込みフォームに記載、確認の上、送信願います。

コロナウイルスの流行程度により、対面鑑定はリピートの方以外はお断りしている時期があります。

ご予約に際し、初めての方(電話鑑定の場合)は1時間の料金を先払いいただきます。霊関係のご相談が事前に確実な方は2時間の料金を先払いただきます。

尚、鑑定が連日重なっている時期や、出張期間に入っている場合などは、すぐにお受けできない場合もございます。その場合は順番にご案内させていただきますので、予めご了承くださいませ。

よろしくお願い致します。

投稿者:貴喜

定休日・連絡手段のご案内

令和4年9月現在、定休日は金曜日となっております。

又、メッセージの送受信はセキュリティの関係からもラインやバイバーの使用は現在取りやめており、imessageやwebでのメッセージ送受信を行なっております。これまで通り随時お送りください。翌営業日に順次お返事差し上げます。

よろしくお願い致します。

投稿者:貴喜

R4年4月〜の変更点のご案内

運営上の変更点(R3/4/1〜)は以下の通りです

懇親会・勉強会・講習会:月末に2日ほど実施を目処としていましたが、時期・日数を不定期に実施させていただくことになりました。

無料点検:結果送信を毎月9〜10日を目処としていましたが、当月中とさせていただくことになりました。

お支払い先の銀行:paypay銀行の使用を取りやめ、三井住友銀行に一本化させていただくことになりました。

鑑定通話方法:通話鑑定ではバイバー通話・ライン通話を取りやめ、電話・fecetimeオーディオの2つを使用することになりました。

ご連絡方法:ご予約やご連絡、告知事項のやり取りなどにSNS(バイバー・ライン)を取りやめ、imessage・smsを使用することになりました。

投稿者:貴喜

お振込先銀行口座を追加しました

お振込先の銀行口座に三井住友銀行を追加しました

(正確には復活させました。)

鑑定をお受けいただいている方はご存知だと思うのですが、当所(振り子波動研究所)では「ご依頼者」と「ご依頼者の身の回りのあらゆるもの」との相性やその強さを適宜選定してお伝えしています。そしてそれはご依頼者のことだけではなく、当所自身のことももちろん定期的に調べていますので、必要があれば都度最適化させるように心がけています。

相性や強さというのはなかなか変化しないものもありますし、変化するものもあります。例えば銀行口座は他行との比較によって変わってくる場合もありますし、絶対的な要素が加わったことによって変わってくる場合もあります。現在進行形の銀行側の内部事情によって変わってくる場合や、未来に起こる奥深い理由が関係して事前に変わってくる場合もあります。

今年になって、市中ではコロナのオミクロン株の流行・蔓延していますが

まず空気感として変異・変化がとても早い周辺環境になってきています。そんなことも関係しているのか・・・。と感じたりももちろんするところですが、今年に入って変化があることに気づいてはいたのですが、2月に入っても同様でしたので、もうこれは確定事項だと判断し告知させていただきました。

銀行口座以外にも諸々都度調整予定です

他に既に気づいている調整を要する箇所はありますので、確定次第告知UPさせていただきます。後、3〜4項目あるかな・・と思っています。

そして今年になってこのような調整局面が来ているということは?私(当所)だけではないのでしょう。世の中きっとかなりの方がそのような事態になってきているのだと思います。実際に体感を伴うリピートのご依頼者の中にもこのような傾向が時を同じく複数発生してきているからです。

環境変化に取り残された絶滅種にならないように?常にアンテナ感度を磨きながら、変化に対応していければと思っています。