投稿者アーカイブ 貴喜

投稿者:貴喜

R4年4月〜の変更点のご案内

運営上の変更点(R3/4/1〜)は以下の通りです

懇親会・勉強会・講習会:月末に2日ほど実施を目処としていましたが、時期・日数を不定期に実施させていただくことになりました。

無料点検:結果送信を毎月9〜10日を目処としていましたが、当月中とさせていただくことになりました。

お支払い先の銀行:paypay銀行の使用を取りやめ、三井住友銀行に一本化させていただくことになりました。

鑑定通話方法:通話鑑定ではバイバー通話・ライン通話を取りやめ、電話・fecetimeオーディオの2つを使用することになりました。

ご連絡方法:ご予約やご連絡、告知事項のやり取りなどにSNS(バイバー・ライン)を取りやめ、imessage・smsを使用することになりました。

投稿者:貴喜

お振込先銀行口座を追加しました

お振込先の銀行口座に三井住友銀行を追加しました

(正確には復活させました。)

鑑定をお受けいただいている方はご存知だと思うのですが、当所(振り子波動研究所)では「ご依頼者」と「ご依頼者の身の回りのあらゆるもの」との相性やその強さを適宜選定してお伝えしています。そしてそれはご依頼者のことだけではなく、当所自身のことももちろん定期的に調べていますので、必要があれば都度最適化させるように心がけています。

相性や強さというのはなかなか変化しないものもありますし、変化するものもあります。例えば銀行口座は他行との比較によって変わってくる場合もありますし、絶対的な要素が加わったことによって変わってくる場合もあります。現在進行形の銀行側の内部事情によって変わってくる場合や、未来に起こる奥深い理由が関係して事前に変わってくる場合もあります。

今年になって、市中ではコロナのオミクロン株の流行・蔓延していますが

まず空気感として変異・変化がとても早い周辺環境になってきています。そんなことも関係しているのか・・・。と感じたりももちろんするところですが、今年に入って変化があることに気づいてはいたのですが、2月に入っても同様でしたので、もうこれは確定事項だと判断し告知させていただきました。

銀行口座以外にも諸々都度調整予定です

他に既に気づいている調整を要する箇所はありますので、確定次第告知UPさせていただきます。後、3〜4項目あるかな・・と思っています。

そして今年になってこのような調整局面が来ているということは?私(当所)だけではないのでしょう。世の中きっとかなりの方がそのような事態になってきているのだと思います。実際に体感を伴うリピートのご依頼者の中にもこのような傾向が時を同じく複数発生してきているからです。

環境変化に取り残された絶滅種にならないように?常にアンテナ感度を磨きながら、変化に対応していければと思っています。

投稿者:貴喜

私の考え

霊という分野を扱うに当たり、警戒や不安を感じる人も多いことだと思います。

一般的に見えないとされている分野でもあることからそういう方からしたら当然だと思います。当方では出来るだけそのような方の不安を取り除いていただこうと考えています。


・鑑定ルームを京都の中心地から徒歩4分の清潔感のあるビルに設けています。
・複数の占い師や鑑定士、霊能者が共有するようなスペースを使用していません。お悩みの性質上秘匿性を確保したい方も多いと思うからです。


・鑑定以外にも、懇親会・勉強会・講習会を定期的に実施しています。
・鑑定以外にも、無料状態点検を毎月実施しています。
・ホームページに料金やブログ情報を公開しています。

個人的にはあまりスピリチュアルな方に寄りすぎないように注意して、現実世界にはどう連動するのかを常に考えるようにしています。出来るだけ軸足は現実世界に置いておきたいと思っているからです。

投稿者:貴喜

対面鑑定を再開しています(※)

令和3年12月現在、対面鑑定を再開・実施しています。

コロナウイルス感染症の流行による緊急事態程度により、京都鑑定ルームでの対面鑑定を取りやめてオンラインでのビデオ鑑定をご案内しておりました。

現在は対面鑑定を再開しております。ご相談・ご依頼を希望される方はお申し込みフォームに記載の上送信ください。順次ご案内差し上げています。

(昨今の急な環境変化により、直前・当日に中止や延期をご連絡差し上げることもありえます。あらかじめご了承くださいませ。よろしくお願い致します。)

(対面鑑定の実施は中止することになっても、オンラインでの対面鑑定は常時行っています。2時間〜。)

コロナウイルス感染症防止対策を行なっています

天井換気扇2機、N95マスク、アクリルパーテーション、消毒スプレー、使い捨てスリッパなどを常時使用しながら実施しております。

ご縁のある方のお申し込みをお待ちしております。尚、完全予約制のため突然のご来訪はご遠慮いただきますようよろしくお願い致します。

投稿者:貴喜

結婚に反対する親のやむを得ない霊的状態

例えば娘が結婚相手を連れてきて、でもそれを親(霊感者)が反対するケース。

世の中で別に珍しくともなんともありません。あちこちでこのようなことは発生していることでしょう。

結婚において、親が反対する理由は様々です。親の価値観に引っかかる場合はその典型です。憲法で子供の意志で結婚できるとうたってはいても、人ですから杓子定規には全てを当てはめられないことも多いです。

一方でこの場合の親に霊感がある場合の視点・感覚を展開してみるとどうなるでしょうか。

娘の旦那はいわば家系図の中に入ってくる人といえます。家系図の中で実線で他の人とつながります。親(この場合霊感者)からすると、実際にそのような実線ができた場合、それを伝って色々と感じ始めるのですね。別に会っていなくとも。日本にいなくとも。結婚したと仮に知らなくとも。実線ではなくて点線段階(お付き合い段階)で感じる霊感者も中にはいるでしょう。

でも家系の中に実際に入ったということが成立したり成立しかけてくると、その実線を通して相当な◯◯の感覚を通して伝わってきます。仮に霊感者の表層意識までそれが出現して来なくとも、深層意識ではしっかりそれを把握していたりする場合は、理由がはっきり言えないけれど、絶対に許さない!断固反対!と言うことも偽らざる感覚としてあり得るものです。

家系図の実線は情報を伝える電線みたいなものです。電線だとインターネットで何でも伝わってくるでしょう?ドバドバっと。それと同じです。この場合の霊感者の感覚の濃淡は人それぞれにせよ。だから近くでつながる人が猛烈に相性が悪ければ、霊感者は正常を保つことが非常に難しくなります。そこは対処をしていかないと逆に霊感者の方がおかしくなってきます。何が何でも門前払いに反対するような親がいる場合は、娘の幸せ云々どころの問題ではなく、親が口出しするなという次元の問題ではなく、もう自分自身の生存本能の危機としてや、存立危機事態に陥っているという場合も中にはあるのです。

お心当たりのある方は、そのような感覚をお持ちでないか今一度振り返ってみましょう。

error: Content is protected !!