タグアーカイブ 守護霊

著者:さものゑ

守護霊は、常にあなたの庇護者とは限らない

守護霊とその人の関係は多様だけれど

守護霊って、皆様漠然と捉えていらっしゃる方が多いのではないかなと思います。

その人を守る守護霊。道しるべとしての守護霊。実際にはそれはついたり離れたりを、まま頻繁に繰り返しているようなことになっている人もいます。

どんな守護霊がついてくれているのかな・・・って思うこともあるでしょう。

守護霊がまともであれば、普通それはその人の人的な成長を求めるものです。快楽や欲望・怠惰の方向へその人を進めて行くだけの存在ならばそれは守護霊失格。そんな守護霊はきっと悪しき波動を持つ守護霊もどきだったりするはずです。波長が似たようなものでないとその人とは長期に渡って同調できないわけですから、やはり私が守護霊を視ているとその人の性質も総じてどこかで似ている箇所があるということがわかります。

でも守護霊がついていない場合はどうなるか?その人にはなかなか悲劇的なことが基本的には続きます。本来あるべき守護霊にその人が見放されてたら?見放されるくらいの段階までいってしまったら?その人はとりあえず急いで誰かをその守護霊の位置に持って来ようとするかもしれません。濁ったセンサーで。するとしめしめと邪な存在が守護霊の位置に居座ったりする場合などは・・・その先「ど・つ・ぼ」にハマっていくこと必至です。

悪縁を持ち続けながら、状態を良くするためには?

今世でのスタート位置や生まれ・育ちに関係なく、守護霊は本来は大いに味方。だけどもその性格・性質はまちまちなので、あなたにいつも庇護者的な守護霊がついているとも限りません。

現実世界も霊的世界も大きな意味では弱肉強食的な世界でもあるし、一方では因果応報的な世界でもあることは共通しています。両世界とも両要素はブレンドされているのです。だから連動する。

現世での人間関係っていうのは、ダイレクトに霊的な要素が関係しています。結構ストレートに。あなたの行動や思考は、守護霊にも現実世界にもダイレクトに連動しています。

だからこそ、もし現実世界で悪縁を持ち続けながら状態を良くしていこうとしても本来は道理が通らないというもの。それを押し通ろうとすれば例えばそれを中和したりできるだけの巨大なエネルギーがいるということになります。連動するのだから。

著者:さものゑ

リピート頂いている方へ当所だけの無料状態点検制度のご案内

無料状態点検制度について

振り子∞波動研究所をリピート頂いている方へは、定期的にそれぞれのご依頼種類に沿った無料状態点検を受けて頂けます。
これまでの依頼者様専用のお知らせメールを登録頂ければ、事前〜当日にお知らせメールが届きます。

普段の日常状態についてヒントが得られることもあるので、よろしければ是非この制度をご利用ください。当所設立時からこの制度を取り入れておりますが、他社等では原理上出来ない、していない制度です。調査手段が他社には無いので真似することが出来ません。
当所が初めて導入した、有料鑑定と有料鑑定の間の期間でも自力で気づきを得られる可能性を持たせた制度です。

新着情報
メール会員

著者:さものゑ

守護霊によって引き裂かれる人間関係

守護霊によって引き裂かれる人間関係というケースがあります

 

普通に強い守護霊と、悪すぎる霊体がぶつかるとどうなるか。

代表的なパターンでいうと、例えばバンドや仲良しグループなどに属していてもなんだかんだもめて分裂してしまうという。

仮にA君一人がやばい霊体に蝕まれていて、一緒にいると周囲のB君C君D君に悪影響を来す時。

この時B君の強い守護霊などは、どんな手を使ってでもそのグループからB君を守ろうとする。
ただ、A君に憑依している霊体は厄介すぎて手に負えないという場合。

Q:じゃあどうするか
A:引き剝がしにかかる

A君の霊体が厄介だったなら、手っ取り早いのはB君をそのグループから脱退させること。距離をとるのは基本だから。
一見日常のささいなことだったり、普段から気になっていたことから喧嘩が起こって・・・なんて言い方はいくらでもできるし、周囲はそう見るんだろうけどそうではない。

強い守護霊が霊的な生き残りをかけて、属するグループからB君を引き剝がしにかかった。
これが実態。
A君を追い出すのではなく(それは霊的に勝ち目がないから)、自分が守護しているB君をグループから強引に引き剥がしたということ。

信じられない?
ありますよ。こういうのたまに。

だから、人間関係で心を閉ざしている人や、なんだかうまくいかない人の中にはこのようなことになっている場合もあるのに「コミュニケーションが下手だからあなたは・・・」とか「ある出来事がきっかけで・・・」なんて勘違いして何十年も過ごす人も世にはいます。

つまり自己防御が働いてこのようになっている人も鑑定経験上そこそこいらっしゃるということですね。

問題は、自己防御はそれはそれで良いのだけれど、あまりに周囲に厄介な人(霊体)が多くいる場合やあまりに自分自身が弱すぎる場合。

これがずっと続く場合は、自力では到底脱出不可能な場合もあります。その原因を調べてその負のループがどこらへんから起因してきているのかを鑑定した方が良い場合があります。

又、そこまでしなくとも一旦霊的な遠隔除霊や少し強めの御符などの処置をして軌道に乗っていける人もいるので、それはそれで深く調べなくとも良いでしょう。

ケースバイケースですが年単位で長引いている人は、何らかの正しいアクションを起こした方が良いでしょう。何年も続くようなら何かを変えていかないとね。

著者:さものゑ

守護霊は時には厳しく時には優しく

霊の存在を調べる時に守護霊は避けては通れないポイントになります。

これは人によりかなり違うので一言で言うのは難しいのですが、いわゆるその人の霊体本体に付随してそれを護っている存在の事ですね。

ただ我々は現世で生きてるしその物理的な行使力は全く比較になりません。

皆それぞれどんな守護霊が憑いているのかは視てみればわかります。

けれどそれに単純な優劣はないのです。

例えばこの現代社会でさほど成功していない人がいるとしてそんな人に守護霊が結構憑いている場合もあります。

TVで良く見る芸能人やスポーツ選手の守護霊がすごいのが憑いているとかたくさん憑いているとかは必ずしも比例はしないです。(おおまかな守護霊の傾向はあります。)

結局数でもありません。数がある程度必要な職種はスピリチュアルな感覚を要する仕事をしている人。だけどそれも常時というわけでもありません。

それ以外の人は数はさほど重要ではありません。

質・・・とも少し違う。

自分の生き方に適した守護霊が憑いているのかどうか。の方が重要だったりします。

まずそれが前提。でもこれができていない人が結構多いのです。

例えば電話鑑定では守護霊をお調べしてお伝えすることもあります。でも守護霊にも性格もそれぞれありますので、守護霊をみていて私に「おい、言うなよ!」とか言われることもたまにあります。

陰ながら応援したいタイプの守護霊もいるということですね。なかなかコミュニケーションしにくい場合もあります。ちょっとこの守護霊・・・干渉して欲しくなさそうだな・・・みたいな時も。